2014年01月31日

続・だいずのはなし

先日の続き。
まさかこの話に後日談が出来るとは思わなかったのですが、書かざるをえなかった…!
M先輩から後日追加していただいたコメント。

…JK推しの彼女に問いたい。(もちろんゲ●ドウポーズで)
「キミの推すJKとは、共学高校に通う女子かね?それとも女子高校に通う女子かね?」と…!


よしきた!

あのさあ(とさりげなく碇ゲ●ンドウのポーズをとり)。
友達から聞かれたんだけど、「キミの推すJKとは云々」

同僚ねこ「(なんだかめんどくさそうに)その話広まったの?やれやれ…」

しまった!彼女はエヴァ見てないからゲ●ドウポーズ無駄だったよ!がーん。

同僚ねこ「そうね、可愛いJKが多いのは絶対に共学」

なんで?女子校ってキャッキャウフフじゃないの?

同僚ねこ「男の目があるぶん共学の方が磨かれる。女子校は素材はいい子も多いんだけどね」

!そうだった、同僚ねこ自身が割と有名お嬢様女子校の出身だった。女子校に対する点が辛い…っ!
俺様の憧れも砕きやがって!
さておき、そしたら枝豆は共学JKっていうことでいいの?

ふっと溜息をついた同僚ねこ。

同僚ねこ「あのね、おかーさん(私のことだ)。枝豆でもさ、みっちみちに綺麗に3粒はいったやつと、2粒しか入ってないやつがあるでしょ。そういうことよ」

…!!!
ですってさ!
ちくしょう、ちくしょう!!!
大豆も喰えーーーー!!!!


posted by かんざき at 22:54 | Comment(3) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年01月28日

会長…

珍しく時事の話。
声優の永井一郎さんが亡くなられました。
波平さんの声としてあまりに有名ですが、今の私にとってはHUNTER×HUNTERのネテロ会長です。
今キメラアント編がすごーーーくいいところで、毎回とても楽しみにしているだけに、今ネテロ会長の声が変わってしまったら一体どうしたらいいのか。
あとちょっとだったのに…!
録りがどのくらいまで終わってるのか気になりますが、それほど先までは終わってない…だろうなあ…。
本当に悔やまれます。会長を全うして欲しかった。

永井さんといえば初期のジブリものも印象深いですね。ナウシカのミト、ラピュタの…名前忘れたけどふとっちょのお偉いさん。
コミカルもシリアスも安心して聞けました。聞くのが当たり前になってました。私が生まれる前から活躍なさっていて、私が成長する中で自然と永井さんの声を聞いていました。作品リストを見ると、あれもこれも永井さんだったのか!というのが多くて驚きます。
それだけに、悲しいです。
当たり前のことしか書けない…のも悲しいです。

あと永井さんが何回声をあてて下さってるか分かりませんが、蟻編がますます見逃せなくなってきました。
心してみます。
映画(LAST MISSION)も今にして思えば見ておいてよかったのかなあ。…や、そんなことでよかったなんて思いたくないな。
ご冥福をお祈りいたします。
posted by かんざき at 00:03 | Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年01月26日

凡百の愛すべきなにか。

ちょっと前の話ですが、とうとうというかついにというか、伯母になりました。
…漢字的には叔母の方がいいんだけどなあとどうにもならんことを思いつつ、なったものは仕方なし。
私は自他ともに認めるシスコンなので、妹が切迫早産で入院すれば職場からも自宅からも真反対の位置にある病院まで往復1時間半かけて仕事後週2のペースで通い、病院食ではつまらんだろうと毎回妹の好きな店のケーキを差し入れ(これは私も食べたかったから買う口実が出来たとも言える)、やることがなくて気が滅入ると聞けば楽しめそうな漫画やゲームをせっせと運び、仕事が忙しくて平日はなかなか面会時間に来られない妹旦那の代わりに尽くしまくっていたのでした。
生まれた時は妹の血圧が200まで上がってしまっていたので急遽帝王切開になり…休日朝方母からのメールで「生まれるよー」ときたのに「はい」と返事したっきりうっかり二度寝してしまい、起きたらとっくに生まれていたという痛恨事がありましたがそれも良い思い出(そうかな)。
あとからのこのこと駆けつけたら、父は既に見終わって帰っており、母と妹旦那がおりました。
妹は麻酔で朦朧としながら起きていました。
母と妹旦那が新生児室に見に行った時に、妹と二人になりました。

「お姉ちゃん、よく来てくれたねえ…。ああ、デジカメの中にお姉ちゃんの結婚式の写真があってね、焼こうと思って出来てなかった…。お姉ちゃんは頭が小さいから、和装のかつらがとってもよく似合ってねえ、時代劇のおひめさまみたいだった……」
「(なんかドラマだとこのまま妹が儚くなってしまいそうなんだが大丈夫だろうか)そうかい、ありがとう」
「…?わたし、なんかへんなこと言ってる…?」
「言ってないよ。大丈夫」

麻酔で朦朧としながらも!姉のことを!!くぅぅぅ!
…いや、それは別にいいんだった、ともかくその後新生児室でガラス越しに甥っ子を見たのですが、うーーーん、なんだろう。海のものとも山のものともわからぬ…。隣の子と違うのは分かるんだが、「かわいい」というのとはちと違う。
生まれたばっかで泣き続ける体力がまだないからなのか、泣いてはやみ泣いてはやみしているのを見て「間欠泉のようだ」と正直な感想を述べたら周囲の失笑を買いました。えー。

ともかく一つ思ったのが、「好意を抱いている相手が好意を抱いている相手に、すんなりと好意を抱けるわけではない」という当たり前と言えば当たり前のこと。
それでもさ、身内びいきというものがあるから「妹の子、スゲー可愛い!」ってなっちゃうんじゃないか?と思っていたのですよ。
それがそうでもない。
このガッツ石松似の子を、母(妹のことね)と同じく手放しで「うーん可愛い!」とは思えん。
ものすごく正直に言うと、これまた先日生まれた義姉の子、つまり私とは血縁関係が全くないはずの姪っ子の方がちっちゃい分普通に「可愛い赤ちゃんですな」と思えたくらい。
これから甥っ子がどんな風に成長するか分かりませんし、赤ちゃんの顔はコロコロ変わるものだそうなので、それによっては私の感情もまた変わるのかも知れませんがね。

ここにいる新生児はみんな、それぞれの親にとっては唯一絶対の存在で世界で一番愛するものなのかもしれないけど、ひろーく見たら凡百の赤ん坊なのだなあ。
うちにいる猫は私と夫にとってはそれこそ「世界かわいい選手権に出しても絶対に優勝する」と思っている猫だけど、猫が嫌いな人にとっては忌むべき存在だろうし、世間から見たらごく普通のどこにでもいる三毛猫です。
ですから、私がこの先どんなに甥っ子を可愛いと思っても、この先自分の子が出来ることがあっても「世間から見たら」だけは忘れまい。とあらためて思ったのでした。
…それにしても次々と送られてくる甥っ子の変顔の写真をどうしたもんか…。
消していいかなコレ…。
やれやれです。
posted by かんざき at 23:30 | Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年01月20日

だいずのはなし。

同僚ねことの会話。

あんこの話から小豆の話になり、「小豆は大好き!ってほどでもない。好きな豆はなにか」という流れになりました。

ねこ「私はねえ、金時豆かとらまめ(だったかな?よく覚えてないけどマイナーな豆)がいい。おかーさんは?」

強いて言うなら大豆かなあ。

ねこ「あ、枝豆も好き!!」

大豆じゃん。

ねこ「ちっがーう!」

大豆じゃん。

ねこ「ちがう!」

なにが?

ねこ「枝豆が好きって言うのはね、JKが好きってことだよ!」

…ごめんいみわかんない。

ねこ「JKはJKだから価値があるんだよ!」

…それは女子高生が40歳になったら愛してくれないってこと?

ねこ「そうじゃなくて、女子高生だっていずれ40歳になるけどそれを愛するかどうかはまた別の問題で、JKが好きっていうことなんだってば!」

うーーーーーーーーーーーーーーん。
理屈としては通ってる気がするんだけどなんだろうこの残念感。
枝豆と女子高生…。
待ってね反論出来そうな気はするんだけど思いつかない。1日頂戴。

ねこ「ふふーーーーーん」

…そんなわけで今もって考えてるんですけど上手い言い返し方が思いつかないですちくしょう。
…ちくしょう!
posted by かんざき at 21:19 | Comment(4) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年01月19日

近況小ネタ

ちょこちょこ。

・最近のアニメHUNTER×HUNTERの出来が良すぎて悦。毎回楽しみです。冨樫…お前ほんと…ちくしょう!と思いつつ、でもこれは原作を壊さないよう細心の注意をはらって作ってるアニメスタッフに拍手かな。あとはナレーションの二又一成さんの力量がほんっと大きい。今聖闘士星矢Ωでも狂言回し役のエウロパをやってて、そっちも上手いと思ってたけど、HUNTER×HUNTERのナレーションはちょっと鳥肌が立つくらい上手いです。いいなあ、ほんといいなあ。ぞくぞくする。ここ2、3回を神回だと私は思っているのですが、見てるとき言葉を発することが出来ないです。面白すぎて。半沢を見てたときみたい。このままだと蟻編の最後で私は泣くんじゃないだろうか…ううう。

・お気に入りの店を増やそう、と思ってちと冒険することにしました。
原宿で見かけたオムライス屋の看板にひかれ、あれ、ここって前行列ができてたところじゃない?今なら時間も半端だからすいてるみたいだし、よーし行ってみよっと。と思って入ったらものっすごく狭いくせに無理矢理テーブルを詰め込んだ店内(実際出入りするにはいちいちテーブルをひいてもらわないといけない)。メニューはオムライスとオムライスとオムライス…オムライスしかないのか!サラダもないですびっくりした。オムライスのトマトソースにするかハヤシライスソースにするか両方にするかの三択が主なところ。あとはチーズをかけるかハンバーグをのせるかどうか。仕方ないのでハーフ&ハーフのチーズのせにしてみましたが、注文して5分もたたないうちにはい!と出され、いくらなんでも早くないか…と首をひねりつつ食べたら、卵はまあともかく米のまずさは特筆に値しました。
米、砕けてるし。
味もぼんやりしてるし、チキンライスの割にチキンは最後まで見当たらなかったし、チーズは業務用の安物の気持ち悪い味がするし、なんじゃこりゃ。
米は敢えてタイ米かなんか違う品種の米を使ってるのか?ぱらぱらにしたいからとかそんなんで?と思って途中まじまじと見たのですが別にそんなこともなく、えーーーー。
あとで食べログを見たら同じ目にあったひと多数だったようで、「作り置きじゃないのか」疑惑が出てました。そうだろうなあ。
店の中には某大食いタレントが絶賛したとかいう記事の切り抜きが貼ってありましたが、うーーーん、そのときは作り立てをだしたのか?うーーん。
冒険は酷い目にあうこともあるから冒険なのね、と変に察しました。ぬぬぬ。
あ、あとそのお店に外国人観光客がいたので、きっと私がイタリアでハズレのお店に入ったときと同じようなことを思ってるんだろうなあ。気の毒になあと思いました。もしかしてガイドブックに載っちゃってるのかしら。ファミレスの方がよっぽど美味しいよ。
イタリアにもファミレスみたいな、手軽で極端に当たりはないけどハズレもないみたいな店をすぐ探せるようなものがあればいいんだけどなー。私が探せなかっただけかしら。

・軍師官兵衛を見ています。
どうしても岡田くんの乗馬シーンに目がいきます。
すごい…!あんな駈け足をやすやすと!さらにひらりと飛び乗るところとか、走っている馬からひらりと降りるとか、素晴らしい!
あれだけ練習するの大変だっただろうなあ…費用はNHKが出してくれたのかしら。いいなー(うらやましがるポイントが違う)。
それにしても岡田くん16歳も相当無理があると思うけど、谷原章介17歳は反則通り越して犯罪だろう。
…少年期、青年期、成人期と潔く分けた役者さんを使ってくれませんかね…ほんとね…。

・ヨーコの誕生日
チーム・…今何会議なんだろう。黒バスのままでいいの?そろそろタイバニ映画やるからタイバニなの?あ、この間はHUNTER×HUNTER見に行ったからHUNTERなの?…ともかく、元同僚現友人の集まりがありまして、ヨーコの誕生日が近かったので「フライングでなんかやろう」と悪巧んだ結果、

映画を見る

感想を言いながらさりげなく歩いて誘導

「ちょっと待って」と言って道ばたの花屋に入る

ラッピングしてある花(1輪ずつ)を受け取る。
(映画の前に注文してあった)

ヨーコ、この時点で「えーーー!!」と言う

店の外に出る。私とM先輩が1輪ずつ持つ。

ヨーコ「あの、これ勘違いだったら非常に恥ずかしいんですけど!!」
私達「ちょっと早いけど、ハッピーバースデー」(花をさし出す)

という男前をやりました!
ヨーコ、惚れてもいいのよ!
毎年毎年よく思いつくものです。にひひ。

・サンスポ
京成杯の前にネオっ子ピオネロのみならず父のネオを絶賛した記事を書いてくれたので、あたくしは今後競馬場に行く時はサンスポを買おうと心に決めました。えらいよ…良い記者がいるよサンスポ。定期購読できなくてごめんなさい。
京成杯はちと残念だったので、ヤネを変えて(重要)、次行こうぜ!…っていうかミッキー先生が乗って下さったって私は構わないんだけどな…。

こんなとこで。
posted by かんざき at 23:55 | Comment(2) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。