2014年09月14日

るろうに剣心〜伝説の最期編〜

先延ばしにすると見に行けなくなりそうだったので、さっさと見てまいりました。
なんか感想を待たれているのでさっさとレポ。
無論ネタバレ有りなのでこれから見に行く方はご注意。
前回の京都大火編の感想はこちら





今回は順を追ってツッコんでゆきましょう。

・比古登場〜剣心奥義会得まで
私、福山が演技してるのをちゃんと見るの初めてかも…というあさってな感想から始まる。比古にたいした思い入れはないので、「剣心の師匠役という点では納得」と落ち着く。
奥義伝承までで結構な尺を使い、「これから蒼紫と戦い十本刀と戦い志々雄と戦わなきゃいけないんだけど大丈夫なの!?」とちょっとハラハラする。
その上九頭龍閃は名前も出て来なかった。うーん残念。

・奥義を会得した剣心が志々雄がいる浦賀に向かう〜途中で蒼紫と対決
これはまた大変だ。なにしろ映画の剣心は蒼紫と会ってもまず「誰だお前」というところから始まるからだ。
だからカットすればよかったのにと思うのだけどそうもいかず、蒼紫を止めようとした翁は負けてしまい(その後亡くなった。エエエ)、蒼紫は剣心と戦えたものの、結局負けた上に剣心に説教くさいことを言われて終わり。アクションシーンはかっこよかった。
余談だが蒼紫との対決まで終わった時点で1時間くらい経過していたらしい。エピローグだの移動時間だので20分くらい使うとすると十本刀と志々雄様に残された時間はあと40分くらい。…40分!?


…ここまで書いて「いちいち出来事書くのめんどくさいな」と思ったのでバトルごとに書くことにする。行き当たりばったり万歳。

・斉藤一vs宇水(場所:浦賀の砂浜)
一瞬。別に名乗りはしなかったので、原作読んだことのある人でなければ名前すら分からない「なんか変な人」が斉藤一につっこんでいって、牙突一閃で終わり。名乗らなかったどころか台詞もないけど、一瞬でも見せ場があっただけマシ。

・安慈vs左之助(場所:煉獄小船室)
初対面だった。というわけで二重の極みは丸カット。ボコられる左之助。そして安慈が十本刀のうち方治、宗次郎、由美が志々雄に与する理由を一言ずつ説明してくれるので尺の大幅カットが可能。しかし安慈の理由だけは話すと長くなるからなのか宗教上の理由でなんかのコードにひっかかったのか、これも丸カット。
最後左之助の急所攻撃で安慈に隙が出来て終了。あんまりだ…。

・剣心vs瀬田(場所:煉獄甲板)
アクションも良いけど二人ともイケメンなんだし台詞がもっとあれば…!と思った途端「ゆっくりと語っている暇はござらん」とかなんとかのたまっちゃう剣心。バカァ!
尺が足らんので瀬田の「イライラするなァ…!」が始まって割とあっという間だった。ううーん、モダモダ。
でも京都大火編よりこっちの瀬田の方が好きです。嘘ですどっちも好きです。

・志々雄vs剣心、斉藤、左之助、蒼紫(場所:煉獄船室広間)
4対1ってのもなかなか卑怯だ。
最初から4対1だったわけではなく、志々雄と剣心が戦ってるところに一人ずつ加わっていった感じ。順番は忘れた。浦賀沖に止まっていた煉獄に剣心と一緒に小舟で乗り込んでいた左之助はともかく、斉藤も「宇水を片付けてから警察の誰ぞに船を出させたんだろう」で説明がつくからともかく、どうやって来たんだ蒼紫なんで場所が分かったんだ蒼紫。ストーカーの情熱は伊達じゃないなと感心。
そして、いきなり殴り掛かってくる左之助に「誰だテメエ」と言い放つ志々雄様。初対面なのでお説ごもっともである。いきなり斬り掛かってくる蒼紫に向かっても「誰だテメエ」と言う志々雄様。ほんとごもっとも。そうなの、映画版では志々雄が蒼紫にアプローチするなんて場面もばっさりカットなので初対面!なのだ…。
志々雄にしてみたら「剣心と斉藤はともかく何で顔も知らねえ奴が当然のように俺にかかってくるわけ!?」と混乱もしようというものである。ほんと気の毒。
「だからなんなんだよテメエは!?」とか言いながら左之助を斬る志々雄様が哀れであった。そして私は随分笑わせていただいちゃったのだった。ごめん志々雄。
そういえば志々雄が「壱の秘剣 焰玉」とか悠長なことを言ってる暇もなく刀からフワッと炎が上がったりする綺麗な演出だった。そうか、斉藤の牙突だっていちいち「牙突!」とか言わないもんな…構えだけで分かれと言うらしい。まあそりゃそうなんだけどモダモダ。
戦いの最中、たまたまこちらに向かって来る左之助に本能的な恐怖を感じ「なんとかしてよ」と由美さんが方治に言い、方治も頑張って「お前の相手は…!」とか言って立ちふさがるも左之助のワンパンであっさり沈んでいて可哀想だった。気の毒。期待して待っていたのだけど、「強し!強し強し強し強し!(云々)」は言ってくれなかった…「強い!強すぎるゥゥゥッ!」とか「素晴らしいィッッ!!」とかに置き換わってた。残念。でもノリノリの滝藤さんでよし。香川照之の後継候補か?と思うような顔芸っぷりだった。
あとは由美さん越しに剣心を刺すシーンは有り。由美さん、別にどうしても悪いとは言わないけどどうせなら壇蜜にやって欲しかったなあ。
最後は剣心の天翔龍閃(あまかけるりゅうのひらめき)で終わり。別に「天翔龍閃!」って言いながらやったわけではなく、決着がついてから「飛天御剣流奥義天翔龍閃」と紹介してくれたので「ああ、これが…」と思ったんだけど早くてよく分かんなかったからもう一回やって。それから飛天御剣流の技って「龍槌閃(りゅうついせん)」だの「龍翔閃(りゅうしょうせん)」だの音読みばかりなのに最後だけ「あまかけるりゅうのひらめき」ってコミックスで読んだときから「ネタ切れ…?」って感じがしてたんだけど気のせいね。


というわけでそろそろお分かりの方はお分かりだと思いますが、十本刀は大幅に割引されてました。コスプレして後ろに控えていて、浦賀の砂浜で戦ってたらしいけど宇水以外特にクローズアップされることもなく最後は警官隊に連行されて終わりみたいな。
あ、後編に張は一切出て来なかったのか。でも前編であれだけ尺がもらえてよかったね。そういう意味では十本刀内で一番優遇されてたかも。
そんなわけで蝙也との対決がなかったから弥彦も別に居なくてよかったし、恵さんや薫もいなくても話は成立したし、操…は京都から浦賀までお庭番衆が使っていたとかいう抜け道を教えてくれたから無意味ではなかったけど他の誰かでもよかったしなあ。あとほんと半端な京ことばが気持ち悪いったら。
あとさあ、煉獄を悠長に浦賀沖に止めてたら近くの陸に政府が砲撃台を作ってて、いざ剣心が志々雄と対決してた時に剣心ごと沈めようとしてたけど、志々雄側は誰も砲撃台作ってるのに気づかんかったんかい。あとよしんば砲撃くらったって、船なんだからとりあえずその場から逃げろよ。

その他特筆すべき点はなんといっても窪田正孝くんが出ていた!ことなんですが…役が問題でねえ…。
誰だったかというと、清里(巴さんの許嫁)役だったんですね…。
わざわざ回想シーンで清里を剣心が斬っちゃうシーンが出ててねえ…。
これ、京都編ではまったく不要なストーリーなんで、縁編作っちゃうつもりなのかなあ。そうなのかなあああああ…。やめといた方がいいと思うんだけどなああああああ!!!(力一杯)
私は1作目見てなかったんで知らないのですが、どうやら1作目でも窪田くんがちょろっと出ていた模様。やっぱり清里なのか?

色々書きましたがアクションはすごかったし、演技のうまいイケメンばかりで眼福だったし、普通に面白い映画でしたよ。
よく作ったもんです。おつかれさまでっす。
3は作らない方がいいと思うよ!思うよ!!(力一杯)


posted by かんざき at 23:01 | Comment(2) | 観たもの | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
素晴らしいレポをありがとうございます!
九頭龍閃があったことにホッとしつつ、大方のキャラの扱いが……いや、何も言いますまい(涙)。

縁編で蒼紫様がデレていた記憶がうっすらあるんですが、ストーカーからのデレは厳しいな…(記憶違いだったらすみません/笑)。
また嘘を重ねていく続編はよくないですよね!(力いっぱい)
Posted by ym at 2014年09月15日 20:26
はやくもありがとうございます!
いえ、あったのは天翔龍閃だけで九頭龍閃はありませんでした…紛らわしくてすみませんです。

ううーーーーーーーーん、あそこからデレたところで「なにやってんだお前」ですからね…。
蒼紫ほんといらなか(自粛)。
でも伊勢谷友介の蒼紫ってだけでなんだかもういいです。
イケメンは正義(言い切った)。
でもほんと縁編はやめた方がいいと…思うです…ええ…。
Posted by かんざき at 2014年09月15日 23:48
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。