2014年09月25日

神々と社会人の楽園の物語(6)

次はタナロット寺院へ。タマンアユン寺院を見た人たちはほぼ同じルートを辿るらしい。まあ、近いと言えば近いし回りやすいからなあ。道理で人が多いと思った。タマンアユン寺院をゆっくり見たいなら午前中とか人が少ない時に回った方がいいのだろう。
タナロット寺院は海沿いにある。大混雑で駐車出来るところがなかなか見つからず、レナさんと私たちは先に降りる。
何故この寺院がこんなに混雑しているかというと、夕陽がたいそう綺麗に見えるからだ。だからみんな時間を計算してタマンアユン寺院→タナロット寺院を見る。よって混雑という分かりやすい図式。
海沿いっていうか、海の崖っぷちに建っているところなので、みんな夕陽を求めて波打ち際の岩場に行く。
IMG_0220.jpg

無論我々も行く。波がちょっと高い。私がよりよいスポットを求めて写真を撮っていたら、波が少し近くに来た時にレナさんが私を抱き支えてくれた。親切なガイドさんだ。ありがとう。
肝心の寺院の中には入れない。っていうか入れるところもあるらしいけど別料金だというのでまあいいやと諦める。綺麗な夕陽で満足。
IMG_0219.jpg
(先程の写真で人が群がっていた場所に行って撮った写真)

そういえばウェディングドレス姿でフォトツアーをやっているカップルもいたけどヴェネツィアのサンマルコ広場に続き、観光客はそんなのを構っている暇はないので完全無視状態でなんだか気の毒であった。


移動。途中でライステラス(段々畑ならぬ段々田)を見る。綺麗。バリでは三毛作が可能だそうだ。さすが熱帯。
車はタナロット寺院のすぐ近くにあるパンパシフィックニルワナバリリゾード(長い)へ。ここもとても綺麗。
IMG_0276.jpg
(奥に見えるのが先程行ったタナロット寺院)
パンパシ(略)には有名なゴルフコースがあるらしい。
「田んぼがあるから難しいと前にお客さんから教えてもらいました」とレナさん談。あー…なるほど。
今日の晩ご飯は張り込んでここでディナーなのだ!沈み行く夕陽っていうか殆ど沈んでしまった夕陽とタナロット寺院を見ながらテラスでディナー。うーん贅沢。ブンブバリで450円ほどだったビンタンビールがここでは800円くらいする。どこの国もホテルは高い。
テラスなので蚊が心配だと思ったら、蚊取り線香を焚いてくれた上に虫除けスプレーを貸してくれた。さすが高級ホテルだ。ありがとう。つか、バリに来てから蚊に刺された記憶がない。ラッキー。
メニューは洋食のコースで美味しかった。最後「イチゴのショートケーキ」というので所謂ショートケーキをイメージして待っていたら、なんとタルト生地を土台にし、刻んだイチゴをものすごく器用に積み上げたケーキと言うか…なんというか形容しがたいものが出てきてびっくりした。いや、美味しいんだけどこれショートケーキって違うだろう。それとも私の「ショートケーキ」の定義が間違っていたのか…?とゲシュタルト崩壊に近いような感覚に陥る。
ま、美味しかったからいい。
夕食代はツアーに含まれていたけど、飲み物代は別途支払う。現金で支払ったらかなり細かいお釣りが出てしまった。邦貨換算すると1円未満なので珍しい小銭のコインが見られるかと思いきや、そんな額のコインはなかったらしく、向こうで勝手に切り上げた額のお釣りをくれた(!)。な、なんてこった…ほんと見習ってくれイタリアのカフェとかレストランとか!!


ディナーが終わると送ってもらえる。レナさんたちは近くでご飯を済ませてきたそうだ。
帰りにお土産物屋に寄ってもらう(無論用事がなければ寄らなくてもいい)。陽気な兄ちゃんたちが売ってる。「OK牧場」とか懐かしすぎるネタをかましてくる。「どこから来たの?東京?練馬区?」とか細かい地名を出して来る。なんで知ってるんだ。ちなみに日本に行ったことはないとのこと。
お会計時に「バリ好き?」と聞かれる。はいと答えると一瞬悲しそうな顔をし、「私あまり好きじゃない」という。なぜだと思った次の瞬間ニヤリと笑い、「好きじゃない。愛してる…!」と言う。さ、さようか。
買物も終わっていよいよ帰る。レナさん、運転手さん、本当にお疲れさまでした!
…私も、かなり注意して日本語を聞き取っていたりしたせいか、ものすごく疲れていたようで、風呂に入った時あたりから記憶が怪しい。落ちる。おやすみなさい…。


posted by かんざき at 22:25 | Comment(0) | バリ旅行2014 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。