2014年10月02日

神々と社会人の楽園の物語(7)

4日目。昨日落ちたので夢は見ず。ほっ。
この日は外に出る予定なし!いよいよこのホテルを満喫するときがやってきたー!おおおーー!(テンションが上がる)
無論寝坊し、朝食は試しに食べてみたら案外美味しかったラーメンとビーフン(SUKUのビュッフェにはそんなものもある。ラーメンはゆでてくれる専門のスタッフがいる)と目玉焼きその他で満足。食べ終わってみたらプールサイドのビーチベッドが混んで来ていたので、慌てて水着に着替えてGO。
少し奥まったビーチベッドをまんまと確保し、今は日陰だけどそのうち太陽が動いたら日向になっちゃうかな…と心配していたら、頼んでもないのにスタッフがパラソルを持ってきてくれる。ありがとう!そして頼んでもないのに小さなペットボトル入りの水と軽食のメニューとタオルのおしぼりが入ったカゴを持ってきてくれる。これもタダ。ステキ。
プールで漂ったり(勿論浮き輪持参)、うたた寝をしたり、本を読んだりしてぼんやりと時間が流れてゆく。ちなみに私が日本から持ってきた本は遠藤周作のエッセイ(狐狸庵もの)であった。軽さが丁度良い。間違ってもここに池井戸潤を持ち込んではならないなと思った。夫は「眩しくて画面が見づらい」と言いながらペルソナ4ゴールデンをやっていた。頑張れ…。ちなみに周りにはタブレットで何か読んだりしている人もいたのでそんなに浮いてはいなかった…と思う。
日本より涼しくて過ごしやすい。いやむしろずっと海風が吹いているので下手をしたら風邪をひく。昼寝の際は注意。
小腹がすいたので、傍を通りかかったスタッフを捕まえてパニーニを注文する。3種類の具が選べたのでアボカド、トマト、ビーフにする。税サ込2000円くらい。結構なボリュームで、夫と二人で分けてちょうど良かった。ちゃんと木の平べったいお皿に入ってきて、付け合わせにフライドポテトとサラダがついて来る。更に美味い!ので言うことなし。
IMG_0306.jpg
上から見たホテルのプール。左端の奥まったビーチベッドに居りました。


3時頃引き上げる。着替えてホテルのラウンジに行ってアフタヌーンティー。
プールや海を見下ろすラウンジはとても眺めが良い。
プチケーキが3種類ほどあったのだけど、一番美味しかったカップケーキはともかく他2つがチョコケーキとチョコムースなのはなんでだったんだろう。ダブルチョコでそこだけ惜しかった。まあ1人1500円くらいなのでいいや。
食べ終わって尚暇だったので(暇!!!)ホテル内を探検する。スイートの棟とかチャペルとかを見る。砂浜も歩く。あ、結局海入ってないけどプールで満足したからいいや。
IMG_0328.jpg
チャペル。変わった形。
IMG_0341.jpg
プールの一角。私たちが泊まっていた客室が見える。

本日の晩ご飯はツアー特典でついてきたホテル内のレストランでのスペシャルディナー。エイドディグリーズサウスというプールと浜辺の真ん中にあるレストランに行く。
名乗ったら同じ名字の他の人が先に通されていた。あああ…。仕方ないので待っていたら真っ赤な薔薇の花を1輪くれた。ありがとう。更に本当ならレストラン内の普通の席だったのが、ビーチバレという浜辺にあるガラス張りの小さい小屋というかまあそんな個室になったので許す。全体的に美味しかったけど、最初に提示されていたメニューとはやや違っていたのではないかと思う。俺は何を食べたんだ。美味しかったからいいや。
部屋まで戻る帰りに空を見ると、星がとてもきれい!
南半球の星座は白銀聖闘士が多かった印象だわ、と余計なことを思う。ヲタクはいついかなる時もヲタク。
明日はいよいよバリともおさらば。おやすみなさい。


posted by かんざき at 00:14 | Comment(0) | バリ旅行2014 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。