2014年10月06日

神々と社会人の楽園の物語(8)

5日目。ああもう帰りか…。
SUKUでの朝食も最後。メニューがいっぱいあるので全く飽きなかったなあ。素晴らしい。そしてこの日の私のオムレツを焼いてくれたのはクラウディアちゃんという若い女の子であった。クラウディア!そんなラノベっぽい名前の子って実在したんだ…おお…(あさってな感動)。


チェックアウトは12時。しかし日本行きの飛行機は深夜便。ホテルも分かっているので、チェックイン前&チェックアウト後にゲストが使用して良い「リフレクションズ」というコーナーがある。WiFiタダ。シャワーもタダ。クッキーやお水もタダ。素晴らしい。暇つぶしに日本語の本が何冊か並んでいるがなんだか微妙なラインナップだ。しばらくグダグダした後、プールサイドのバーに行く。ツアー特典でソフトドリンクタダ券がついていたので、最後の最後に使うつもり。「ソフトドリンク」のラインナップはほぼ炭酸だった。贅沢は言えない。ついでに昼ご飯も食す。B.A.L.T.。えーと、確かベーコンアボカドレタストマト?サンドだったはず。朝ご飯をしっかり食べていたので1つ頼んで夫と半分こにする。バーの人に「半分こにするの?」と聞かれたのでそうよと答えると、頼んでもないのに半分に切り、且つお皿を2つに分けて持ってきてくれた。付け合わせのフライドポテトとサラダはそれぞれに盛ってある。なんて素晴らしいんだコンラッド…素敵だ!もうイタリアのダニエリが5つ星もらえるならコンラッドバリは6つ星もらってしまうといいと思う。ルピアが尽きていたからドルで払ったら、一生懸命為替を計算して細かいお釣りまでちゃんとくれようとするし、ほんと…なんて素晴らしい…!ありがとう!


コンラッドバリに大変満足した後、迎えが来て空港近くのエステへ。旅行会社も心得たもので、チェックアウト後から飛行機に乗るまで半日近く、色々なオプショナルツアーがある。最後は空港まで送っていってくれるので大変便利。
観光して疲れてもいけないので、最後はエステでのんびりするのだ!
今回選んだのはエステティックm&k。エステのみならず晩ご飯もついてるし、半日ヴィラ貸し切りだし、空港から車で5〜10分の場所なので良いなあと思ったので。しかしかなり細い路地を入っていくので、最初は不安になった。
着いてみたら受付の人は日本語が上手だし、小綺麗な場所だったので安心。
エステは3ポイントを自由に割り振る。1ポイントのメニュー×3でもいいし、2ポイントのメニュー1&1ポイントのメニュー2でもいい。
私はボカシオイルマッサージ(全身)、フェイシャル(顔)、クリームバス(髪)。夫はボカシ、シロダーラ(額にポタポタオイルを足らすリラクゼーション)、クリームバス。好きな香りのオイルを選び、ヴィラに入る。入口から進むとリビング&ベッドルーム、風呂トイレ、スパ用ベッド、裏口と抜ける仕組み。スタッフは裏口から入って来る。スーツケースはリビングに置けるし、無論セーフティーボックスもある。


エステは天国であった。私を担当してくれた女性は力加減とかがちょうど良く、心地よい。おかげでぼーっとし、フェイシャルの途中パックで時間を置いていた時にかかっていたヒーリング音楽をぼんやり聞きながら「これ作曲した人って、『リラックス出来るように』っていう曲を作ったわけだからあまり主張してはいけなくて、かつ綺麗な音楽を作らねばならなかったはず。一生懸命作ったのに印象に残らないで可哀想だ」などと思いを馳せたりする始末であった。
対して夫はというと、ただでさえエステに慣れていないからリラックスもしづらく、担当した女性はすこぶる美人だったもののなんとなく表情の硬い人で、彼は心の中で「不機嫌な人妻」と命名したらしい。
「シロダーラの時、僕の頭の上に漏斗があってさ、そこにたまに油を注げばいいだけだから楽だと思ったんだけど、『ハーッ…』とか溜息つきながらやるもんだから何か悪いことしたかなって気になって、まあそうじゃないらしいから夫と上手くいってなくてどうかしたのかとか色々余計なこと考えちゃった。ちと爪も長くて痛かったし。仕方ないからめだかボックスのことを考えてた」
とのこと。気の毒でしたな。


エステが終わったら併設されているレストランでごはん。メニューから好きなものを選ぶ。ごはん代はツアーに含まれているので、メニューのうちどれを選んでもいい。アルコールだけは別料金。
夫はインドネシア料理コースで私はバリニーズコース。…違いがよく分からないけどまあいいや。ツアーに含まれているものなので味は全く期待していなかったけど、あにはからんや美味しかった。特にお米がインディカ米なのに日本人好みに上手く炊き上げてあって全く違和感がない。素晴らしい。
食べ終わって部屋に戻り、エステのオイルを流す為に風呂に入ってのんびりしていたら出発の時間。これ、人によっては流さないまま飛行機に乗って、家に帰るまでにかぶれちゃったりするとか。こわや。


空港まで送ってもらう。帰るのねえ。残念ねえ。とか浸ってる場合ではなく、深夜便のはずなのに何故か空港は大盛況。その中を荷物&ボディチェック→チェックイン→出国税納付→出航税納付チェック→ボディチェック→税関とそれぞれ並ぶ(!)。何やねんコレ!誰が考えたんだこのシステム。ものすごく構造上の問題がある。ただただ時間のむだだ。おお…。
くぐり抜けた先には免税店があったけどそれほど大したものはなく、値段がドル表記だからドルで払うとお釣りはルピアでくれる。これ以降両替するところなんてないので損した気分。
ルピアは日本に持って帰ってもレートが極端に悪いという理由でギリギリしか持っていなかった。そのため飲食店にも寄れなかったけど、税関までに並びに並んだからそんな時間の余裕はなく、全然構わない。更に羽田行きの乗り場が嫌がらせのように遠い。羽田で遠かったから意趣返しだろうか。大阪行きよりも成田行きよりも遠く、一番端であった。つらかった。
深夜12時半頃に飛行機に乗ると、眠いのにしばらくして変なブリトーみたいなのが配られる。寝ぼけていたのでモソモソ食べてしまったが、別におなか空いてたわけではなくそれほど美味くもなかったので余分なカロリーを摂取しただけだった。残念だ。
あとは事故もなく羽田に無事到着。


そんなわけでバリ旅行無事お開き。いやー、ほんと最初に荷物運びでぼったくられそうになったときはどうなるかと思いましたが、それ以外は素晴らしい思い出ばかり。…帰ってきて体重をはかったら2キロちかく増えていたのもよい…思い出…。
ごはんが美味しかったってことで。うん。
とにかく、大変に良いところだったのでまた行こうと思います!ありがとうバリ!

(終)


posted by かんざき at 23:51 | Comment(2) | バリ旅行2014 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
力作レポ、ありがとう♪
よいバカンスだったようで、こちらまで幸せな気分になりましたわ〜。
あと「どうせ行くならイタリアでなく、バリ」との思いを強くしました(笑)。

そして、2キロ増える方が2キロ減るより絶対いい旅行だよ、と力強く付け加えておきます、はい。
Posted by あり at 2014年10月07日 09:37
ええもうほんといいところでした、バリ!
イタリアより近いし安いし、おすすめよ!

…理屈ではそうなんだけど…せめてプラマイゼロでありたかったというか…でも「痩せるほど泳ぐ」のも違うもんなー。
次回は行く前に目一杯ダイエットしていこうと思う。
Posted by かんざき at 2014年10月08日 23:38
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。