2014年11月14日

その記憶に残るもの

シゲルスダチという馬がレース中の事故で亡くなったというニュースを見ました。
それについて後藤騎手が自身のFacebookで心に迫るコメントを出していて、「この人はいい人なんだな」と単純に思いました。
後藤騎手が落馬した時は心配そうに傍に居てくれて、今回は脚が折れているのに騎手を落とさないように頑張ってくれた優しい馬。
戦績は正直いまひとつでしたが、後藤騎手とのことで記憶に残る馬になりました。
このように命が尽きる時に人を思いやってくれた馬は他にもいて、うんと古い競馬ファンが思い出すのはキーストンという馬だそうです。

私が必ず思い出すのはウエディングヒミコという馬です。
2005年のフローラSで亡くなった子でした。
今でもフローラSが来ると思い出します。
その時書いた記事はしまい込んでましたが、やっぱり誰かに覚えていて欲しいと思って復活させることにしました。
こんな子がいました。

春にありちゃんと一緒に府中に行った時、私の目の前で故障してしまった馬がいました。
あの時のことは楽しい記事を書きたいと思ったのであえて割愛しましたが、今書きます。
セイウンクロスという馬でした。
乗っていたのは三浦皇成騎手でした。
私が「あ」と思ったのは故障して止まって、三浦騎手が下馬した途端真っ先にしたことが馬装を解き、馬が踏まないよう遠くに投げ捨てたことでした。
乗馬をやった時に教わったことで、「レッスンが終わって馬を洗い場に引き上げたら、すぐ腹帯をゆるめてあげてください。そのままずっといると気絶しちゃったりするので」ということがありました。
怪我した馬のために、少しでも楽になるようにしてあげたのか…?と思い、私の三浦騎手に対する評価がちょっと変わりました。
結局その子も予後不良になってしまいましたが、それも覚えていようと思います。

競馬は人馬のつながりも魅力なのですが、やっぱり死んでしまうのはいやなので、どの子も無事でいて欲しいものです。


posted by かんざき at 00:32 | Comment(4) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
あれからもう1年たつのね…。
楽しかったけど、ほかにもいろいろアクシデントの多い日だったね。
ホント、みんなみんな無事で(><)。
Posted by あり at 2014年11月14日 10:43
そうだねえ、他の競馬場でも色々アクシデントがあったような。
みんな能力を出し切って、そして無事で、命を全う出来るといいなと思いますです。
Posted by かんざき at 2014年11月15日 01:17
こんばんは〜。ご無沙汰しております。

ホクトベガを思い出ししんみりとしてしまいました。どの子も毎レース命をかけて走っている。そして騎手も命がけ。厳しいから美しく面白い。だから競馬が好きです。
Posted by joelの妻 at 2014年11月15日 22:40
奥さま〜〜〜!!お久しぶりです!
Joel兄さまはお元気でしょうかっ。
「まほろ駅前狂想曲」見に行って小悪魔を堪能してきましたとか書いてなかったことを今思い出しましたテヘ。

さておき、素晴らしいコメントをありがとうございます。
拝読してしばらく「うーーーーん」と唸ってしまいました。
大事なことを過不足なく的確に伝えるというのは難しいと思うのですが、難なくやってのける奥さまに脱帽、です…。
これだけ色々書いてても表現力がちっとも追いつけず、悔しい!(笑)

そして、奥さまが「競馬が好き」と言い切って下さって嬉しいなあと思いました。
きっと、奥さまがお好きなオフサイドトラップも喜んでくれているに違いないと思うのです。
よかったです。
Posted by かんざき at 2014年11月17日 00:07
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。