2014年12月01日

追記とジャパンカップ

あまり写真は載せないと決めているのですが、昨日のバカラのシャンデリアとシェラトンのツリーは載せたいなと思って追記。

バカラ。想像以上にデカい。
DSC_1202.JPG

シェラトンのツリー。上までギリギリ入った。
ツリーの足元(?)にはおもちゃの汽車が走ってたりクマのぬいぐるみがしきつめられてたり。
DSC_1197.JPG


そして日曜のジャパンカップの話。
…見たかった…あれだけメンツが揃ったレース、リアルタイムで見たかったんですが用事があって仕方ない。
日曜の朝にジャスタウェイが勝つ夢を見て「…すまんジャスタウェイ」と謝ったのは内緒です。
出来ればエピファネイアに頑張って欲しいけど、どうかなあ。頼むよ。と思ってたら勝ってました。
帰って心を落ち着けてレース映像を見て、涙が出ました。
なんだよ、強いじゃんよエピファネイア。
私が好きだった男装の麗人ジャパニーズスーパースターシーザリオの息子で、三冠も十分狙えると言われながら皐月賞もダービーも逃し、でも「悪夢の菊花賞」続きだった私に初めて「好きな馬が勝った菊花賞」をプレゼントしてくれたエピファネイア。
思えばジャパンカップは3歳時のネオが挑んで超不良馬場に泣いたレースでもあり、エピファネイアは私の悔しい思いを晴らしてくれました。
これからも頑張って欲しいな。本当にありがとう。
しかしジャパンカップはアルカセットとハーツクライの壮絶な叩き合いやウオッカの美しい勇姿を目の当たりにしたり、薔薇王子様ことローズキングダムが勝ってくれたり、私にとっては割と素敵な思い出の多いレースです。
いつかネオっ子が勝つといいなあ。


posted by かんざき at 23:55 | Comment(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年05月26日

…懺悔。

昨日はオークスがありました。
私が必死で応援していたフォーエバーモアちゃんとベッラレジーナちゃんはあいにくの成績。
モアちゃんには距離が長かったかな…。
ま、でも出てきてくれただけ嬉しいし、秋に巻き返して欲しいです!
一番人気のハープスターがすっ飛んでガッカリだった方もおられることでせう。

…で、表題になるのですが。

以前の日記で登場した、死神馬券師同僚ねこ。
当たったら当たったでいいし、外したら穴党のひとが喜ぶ!…ってわけで、ハープスターの馬券買ってました…。
(正確には私が代理で買いに行った)
複勝(1〜3着にくれば当たり)を頼まれていたのですが私が買い間違えたおかげで単勝(1着なら当たり)で、そしたら2着に来るってどういうことなの!
レース終わった後「おお、ついに同僚ねこの馬券が当たった」と思って馬券を確認した時の私の心中をお察し下さい。
なんちゅう破壊力………。
つかこれで私が依頼通り複勝を買ってたらどうなってたんだろうと思うと恐ろしいですね。ううう。
posted by かんざき at 22:19 | Comment(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年05月21日

Happy Birthday!

ネオユニヴァース!!

娘が2頭もオークスに出ることだし、まだまだ頑張ってね。
スティルやお嬢様(アドマイヤグルーヴ)のぶんも長生きしますように。
posted by かんざき at 12:33 | Comment(2) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年05月15日

解答

ひっぱるもんじゃなかったんですが、書く暇がなくて(言い訳)。
競馬ファンの方々からしてみたら「簡単すぎて問題にする意味がわからない」と思ったことでしょうが、まあ勘弁して下さい。何も見ずに書けたやつがあれだけだったんです…(涙)。
いきますよー。


1.父 クラフティープロスペクター
母 チャンシースクォー

アグネスデジタル!!!きゃ!♪
芝砂国内海外中央地方でG16勝、ついたキャッチコピーは「真の勇者は、戦場を選ばない」。
父がスウェインになるとシェルゲームです。

2.父 サンデーサイレンス
母 ポインテッドパス

最愛牡馬、ネオユニヴァース!!!
きゃー!
2003年皐月賞ダービー二冠馬です。うふふふふ。
はっ、でもこれチョウカイリョウガでも正解だな…まあいいか。ネオだよ。

…いちいちこんなこと書いてたら終わんないと思ったのでまいてゆきます。

3.父 トニービン
母 ダイナカール(簡単すぎる…)

エアグルーヴ。美しい女傑です。母としても完璧。

4.父 アグネスタキオン
母 スカーレットブーケ

こっちはダイワスカーレット。綺麗な栗毛のお嬢様です。私は「スカーレットお嬢」と呼んでました。

5.父 サンデーサイレンス
母 スカーレットブーケ

こっちは兄のダイワメジャーの方。強いんだかよく分かんないなと思ってたら妹がデビューした後の方が強かったような気がする。妄想万歳。

6.父 ナグルスキー
母 タケノファルコン

ベガはベガでもホクトベガ。伝説のエンプレス杯をはじめ、「砂の女王」と讃えられました。
残念ながらドバイワールドカップレース中に骨折、安楽死となってしまいました。
そのへんの下りは浅田次郎先生のエッセイに詳しく。

7.父 シルヴァーホーク
母 アメリフローラ

我が親友兼競馬師匠最愛の馬、グラスワンダー。
最強世代の一角をなしました。前足を叩き付けるように走る独特のフォームでグランプリ三連覇。

8.父 サンデーサイレンス
母 ワキア

稀代の快速馬、天馬、色々と人によって形容があるようです。サイレンススズカ。
秋の天皇賞レース中に骨折、安楽死となってしまいました。競馬ブーム絶頂期だったからでしょうか、翌朝のNHKニュースでも報じられました。
今でもお墓参りをするファンは後を絶ちません。いつ行ってもお供えでいっぱいです。

9.父 サンデーサイレンス
母 サワヤカプリンセス

名刀デュランダル。池添は彼にもっと感謝した方が良い。

10.父 ネオユニヴァース
母 バレークイーン

ネオ産駒G1一番乗り、アンライバルド。私の目の前で皐月賞を勝ってくれました。ありがとう!

11.父 ネオユニヴァース
母 ホワイトウォーターアフェア

ヴィクトワールピサ。父の主戦でもあったミルコ・デムーロ騎手に有馬記念勝利というクリスマスプレゼントをし、日本馬悲願のドバイワールドカップ制覇を成し遂げた名馬。大好きだ!

12.父 サンデーサイレンス
母 ロンドンブリッジ

美少女ロンドンブリッジの子、ダイワエルシエーロ(と本当に本馬場入場で言ってた)。
2004年オークス馬ですね。
桜花賞とらせてあげたかった…。

13.父 キングマンボ
母 サドラーズギャル

最近悲願の殿堂入りを果たしたこれまた最強世代の一角、エルコンドルパサー。
日本馬で初めて凱旋門賞2着になり、世界の扉に手をかけました。
息子のヴァーミリアンが種牡馬になりまして、先日産駒が初勝利をあげたそうで、なにより。

14.父 タニノギムレット
母 タニノシスター

自家製種牡馬と自家製牝馬で成し遂げた奇跡の配合。「強い酒は割らない方がいい」と考えたオーナーがつけた名前がその名もウオッカ。強い時はものすごく強く、負ける時は何でか分からないけどボロ負けというある意味愛さざるを得ない馬。
ダイワスカーレットと同世代で、私はどっちも大好き。

15.父 サッカーボーイ
母 シュンサクヨシコ

なんでこれ覚えてんだろう…ヒシミラクル。ちょっと容姿に難あり。

16.父 ブライアンズタイム
母 パシフィカス

ナリタブライアン。パドックの歩き方がなんかホストっぽいなあと思いました。いや、強いんですよ三冠馬だもの。

17.父 サンデーサイレンス
母 ブラダマンテ

最愛牝馬、スティルインラブです!きゃー!♪

18.父 サンデーサイレンス
母 ゴールデンサッシュ

ステイゴールド。現役時代は二着あるいは三着の金縛り様で「ワイドな男」とまで(私の友人に)言われましたが、最後やっとG1勝てました。しかし種牡馬としては大成功という不思議。


19.父 ザグレブ
母 イセノトウショウ

コスモバルク。皐月賞勝たせてあげたかったなーーーー。
残念です。でもすごく一生懸命で好きでした。五十嵐冬樹たりなば春遠からじと言ったフジのアナウンサーは誰だったんだろう。

20.父 ウラジミール
母 ハナカゲ

すいません、これだけ実在しない馬です。宮本輝先生の大傑作「優駿」に出てくるオラシオン。
古い小説ですが、何度読み返しても良いです。
5億くらいいきなり手に入ったら俺キャスでリメイクするのが俺の夢です。


…なんだかんだで長くなりました。
すみません、書きたかったの。競馬スキーは語りスキー。
posted by かんざき at 22:17 | Comment(2) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年05月10日

愛麗数馬

競馬の話が続いてすいません。

先日発売された「ウィナーズサークルへようこそ」の5巻表紙を本屋で見て「きゃーー!!」と声をあげそうになりました。
愛麗数馬!(数馬、はちょっと違う字だけど意味はまあこれ)
ア・グ・ネ・ス・デ・ジ・タ・ルーーーーーーーーーー!!!!!
香港を走った時のゼッケンですねわかります。
やったーーー!
中身も面白かったです。続きが気になるわあ。
ところで「オルフェーヴルがダルビッシュでブエナビスタが田中将大です」ってあったけど私には分かりませんでした…どっちもすごいピッチャーだとは思うのだがどう違うのか分からん…。

そんな前振りで今回のテーマ(あるのか)ですが、数年前に思いついたボケ防止法として、「歴代ダービー馬を順番に思い出す」というのがあります。
ダービー馬を数頭あげるだけなら割と簡単ですが、過去10年遡って年代を正確にとなると結構難しい。
ありちゃん(親友兼競馬師匠)にお題を投げたところ、ダービー、オークスとそれぞれ都合20年分くらいクリアした後「これ、宮杯(高松宮記念)とかとなると厳しいね」とのたまいました。…頭の出来が違う上に英才教育のたまもの…おおう恐ろしい子…。
競馬ファンの方お試しあれ。

で、先日読んだ本に「父サンデーサイレンス母キャンペーンガール」と出てきまして、馬名が出るより先に「スペシャルウィークじゃん。私でも分かるわ!はっ!」と思った後、これボケ防止法に役立つんじゃないかと思いまして、色々思い出してみました。
私より年季の入った競馬ファンなら難なくクリアすると思いますが、ボケ防止にどうぞ。

1.父 クラフティープロスペクター
母 チャンシースクォー

2.父 サンデーサイレンス
母 ポインテッドパス

3.父 トニービン
母 ダイナカール(簡単すぎる…)

4.父 アグネスタキオン
母 スカーレットブーケ

5.父 サンデーサイレンス
母 スカーレットブーケ

6.父 ナグルスキー
母 タケノファルコン

7.父 シルヴァーホーク
母 アメリフローラ

8.父 サンデーサイレンス
母 ワキア

9.父 サンデーサイレンス
母 サワヤカプリンセス

10.父 ネオユニヴァース
母 バレークイーン

11.父 ネオユニヴァース
母 ホワイトウォーターアフェア

12.父 サンデーサイレンス
母 ロンドンブリッジ

13.父 キングマンボ
母 サドラーズギャル

14.父 タニノギムレット
母 タニノシスター

15.父 サッカーボーイ
母 シュンサクヨシコ

16.父 ブライアンズタイム
母 パシフィカス

17.父 サンデーサイレンス
母 ブラダマンテ

18.父 サンデーサイレンス
母 ゴールデンサッシュ

19.父 ザグレブ
母 イセノトウショウ

20.父 ウラジミール
母 ハナカゲ

…最後のは反則っぽいですが。
馬名から父母名を思い出すのもよさそうですね。
しかし父ノーザンテーストの馬を一頭も出せなかった…母名知らなかった…。すみません。
答えは後日。
posted by かんざき at 23:58 | Comment(2) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。