2014年10月06日

神々と社会人の楽園の物語(8)

5日目。ああもう帰りか…。
SUKUでの朝食も最後。メニューがいっぱいあるので全く飽きなかったなあ。素晴らしい。そしてこの日の私のオムレツを焼いてくれたのはクラウディアちゃんという若い女の子であった。クラウディア!そんなラノベっぽい名前の子って実在したんだ…おお…(あさってな感動)。


チェックアウトは12時。しかし日本行きの飛行機は深夜便。ホテルも分かっているので、チェックイン前&チェックアウト後にゲストが使用して良い「リフレクションズ」というコーナーがある。WiFiタダ。シャワーもタダ。クッキーやお水もタダ。素晴らしい。暇つぶしに日本語の本が何冊か並んでいるがなんだか微妙なラインナップだ。しばらくグダグダした後、プールサイドのバーに行く。ツアー特典でソフトドリンクタダ券がついていたので、最後の最後に使うつもり。「ソフトドリンク」のラインナップはほぼ炭酸だった。贅沢は言えない。ついでに昼ご飯も食す。B.A.L.T.。えーと、確かベーコンアボカドレタストマト?サンドだったはず。朝ご飯をしっかり食べていたので1つ頼んで夫と半分こにする。バーの人に「半分こにするの?」と聞かれたのでそうよと答えると、頼んでもないのに半分に切り、且つお皿を2つに分けて持ってきてくれた。付け合わせのフライドポテトとサラダはそれぞれに盛ってある。なんて素晴らしいんだコンラッド…素敵だ!もうイタリアのダニエリが5つ星もらえるならコンラッドバリは6つ星もらってしまうといいと思う。ルピアが尽きていたからドルで払ったら、一生懸命為替を計算して細かいお釣りまでちゃんとくれようとするし、ほんと…なんて素晴らしい…!ありがとう!


コンラッドバリに大変満足した後、迎えが来て空港近くのエステへ。旅行会社も心得たもので、チェックアウト後から飛行機に乗るまで半日近く、色々なオプショナルツアーがある。最後は空港まで送っていってくれるので大変便利。
観光して疲れてもいけないので、最後はエステでのんびりするのだ!
今回選んだのはエステティックm&k。エステのみならず晩ご飯もついてるし、半日ヴィラ貸し切りだし、空港から車で5〜10分の場所なので良いなあと思ったので。しかしかなり細い路地を入っていくので、最初は不安になった。
着いてみたら受付の人は日本語が上手だし、小綺麗な場所だったので安心。
エステは3ポイントを自由に割り振る。1ポイントのメニュー×3でもいいし、2ポイントのメニュー1&1ポイントのメニュー2でもいい。
私はボカシオイルマッサージ(全身)、フェイシャル(顔)、クリームバス(髪)。夫はボカシ、シロダーラ(額にポタポタオイルを足らすリラクゼーション)、クリームバス。好きな香りのオイルを選び、ヴィラに入る。入口から進むとリビング&ベッドルーム、風呂トイレ、スパ用ベッド、裏口と抜ける仕組み。スタッフは裏口から入って来る。スーツケースはリビングに置けるし、無論セーフティーボックスもある。


エステは天国であった。私を担当してくれた女性は力加減とかがちょうど良く、心地よい。おかげでぼーっとし、フェイシャルの途中パックで時間を置いていた時にかかっていたヒーリング音楽をぼんやり聞きながら「これ作曲した人って、『リラックス出来るように』っていう曲を作ったわけだからあまり主張してはいけなくて、かつ綺麗な音楽を作らねばならなかったはず。一生懸命作ったのに印象に残らないで可哀想だ」などと思いを馳せたりする始末であった。
対して夫はというと、ただでさえエステに慣れていないからリラックスもしづらく、担当した女性はすこぶる美人だったもののなんとなく表情の硬い人で、彼は心の中で「不機嫌な人妻」と命名したらしい。
「シロダーラの時、僕の頭の上に漏斗があってさ、そこにたまに油を注げばいいだけだから楽だと思ったんだけど、『ハーッ…』とか溜息つきながらやるもんだから何か悪いことしたかなって気になって、まあそうじゃないらしいから夫と上手くいってなくてどうかしたのかとか色々余計なこと考えちゃった。ちと爪も長くて痛かったし。仕方ないからめだかボックスのことを考えてた」
とのこと。気の毒でしたな。


エステが終わったら併設されているレストランでごはん。メニューから好きなものを選ぶ。ごはん代はツアーに含まれているので、メニューのうちどれを選んでもいい。アルコールだけは別料金。
夫はインドネシア料理コースで私はバリニーズコース。…違いがよく分からないけどまあいいや。ツアーに含まれているものなので味は全く期待していなかったけど、あにはからんや美味しかった。特にお米がインディカ米なのに日本人好みに上手く炊き上げてあって全く違和感がない。素晴らしい。
食べ終わって部屋に戻り、エステのオイルを流す為に風呂に入ってのんびりしていたら出発の時間。これ、人によっては流さないまま飛行機に乗って、家に帰るまでにかぶれちゃったりするとか。こわや。


空港まで送ってもらう。帰るのねえ。残念ねえ。とか浸ってる場合ではなく、深夜便のはずなのに何故か空港は大盛況。その中を荷物&ボディチェック→チェックイン→出国税納付→出航税納付チェック→ボディチェック→税関とそれぞれ並ぶ(!)。何やねんコレ!誰が考えたんだこのシステム。ものすごく構造上の問題がある。ただただ時間のむだだ。おお…。
くぐり抜けた先には免税店があったけどそれほど大したものはなく、値段がドル表記だからドルで払うとお釣りはルピアでくれる。これ以降両替するところなんてないので損した気分。
ルピアは日本に持って帰ってもレートが極端に悪いという理由でギリギリしか持っていなかった。そのため飲食店にも寄れなかったけど、税関までに並びに並んだからそんな時間の余裕はなく、全然構わない。更に羽田行きの乗り場が嫌がらせのように遠い。羽田で遠かったから意趣返しだろうか。大阪行きよりも成田行きよりも遠く、一番端であった。つらかった。
深夜12時半頃に飛行機に乗ると、眠いのにしばらくして変なブリトーみたいなのが配られる。寝ぼけていたのでモソモソ食べてしまったが、別におなか空いてたわけではなくそれほど美味くもなかったので余分なカロリーを摂取しただけだった。残念だ。
あとは事故もなく羽田に無事到着。


そんなわけでバリ旅行無事お開き。いやー、ほんと最初に荷物運びでぼったくられそうになったときはどうなるかと思いましたが、それ以外は素晴らしい思い出ばかり。…帰ってきて体重をはかったら2キロちかく増えていたのもよい…思い出…。
ごはんが美味しかったってことで。うん。
とにかく、大変に良いところだったのでまた行こうと思います!ありがとうバリ!

(終)


posted by かんざき at 23:51 | Comment(2) | バリ旅行2014 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年10月02日

神々と社会人の楽園の物語(7)

4日目。昨日落ちたので夢は見ず。ほっ。
この日は外に出る予定なし!いよいよこのホテルを満喫するときがやってきたー!おおおーー!(テンションが上がる)
無論寝坊し、朝食は試しに食べてみたら案外美味しかったラーメンとビーフン(SUKUのビュッフェにはそんなものもある。ラーメンはゆでてくれる専門のスタッフがいる)と目玉焼きその他で満足。食べ終わってみたらプールサイドのビーチベッドが混んで来ていたので、慌てて水着に着替えてGO。
少し奥まったビーチベッドをまんまと確保し、今は日陰だけどそのうち太陽が動いたら日向になっちゃうかな…と心配していたら、頼んでもないのにスタッフがパラソルを持ってきてくれる。ありがとう!そして頼んでもないのに小さなペットボトル入りの水と軽食のメニューとタオルのおしぼりが入ったカゴを持ってきてくれる。これもタダ。ステキ。
プールで漂ったり(勿論浮き輪持参)、うたた寝をしたり、本を読んだりしてぼんやりと時間が流れてゆく。ちなみに私が日本から持ってきた本は遠藤周作のエッセイ(狐狸庵もの)であった。軽さが丁度良い。間違ってもここに池井戸潤を持ち込んではならないなと思った。夫は「眩しくて画面が見づらい」と言いながらペルソナ4ゴールデンをやっていた。頑張れ…。ちなみに周りにはタブレットで何か読んだりしている人もいたのでそんなに浮いてはいなかった…と思う。
日本より涼しくて過ごしやすい。いやむしろずっと海風が吹いているので下手をしたら風邪をひく。昼寝の際は注意。
小腹がすいたので、傍を通りかかったスタッフを捕まえてパニーニを注文する。3種類の具が選べたのでアボカド、トマト、ビーフにする。税サ込2000円くらい。結構なボリュームで、夫と二人で分けてちょうど良かった。ちゃんと木の平べったいお皿に入ってきて、付け合わせにフライドポテトとサラダがついて来る。更に美味い!ので言うことなし。
IMG_0306.jpg
上から見たホテルのプール。左端の奥まったビーチベッドに居りました。


3時頃引き上げる。着替えてホテルのラウンジに行ってアフタヌーンティー。
プールや海を見下ろすラウンジはとても眺めが良い。
プチケーキが3種類ほどあったのだけど、一番美味しかったカップケーキはともかく他2つがチョコケーキとチョコムースなのはなんでだったんだろう。ダブルチョコでそこだけ惜しかった。まあ1人1500円くらいなのでいいや。
食べ終わって尚暇だったので(暇!!!)ホテル内を探検する。スイートの棟とかチャペルとかを見る。砂浜も歩く。あ、結局海入ってないけどプールで満足したからいいや。
IMG_0328.jpg
チャペル。変わった形。
IMG_0341.jpg
プールの一角。私たちが泊まっていた客室が見える。

本日の晩ご飯はツアー特典でついてきたホテル内のレストランでのスペシャルディナー。エイドディグリーズサウスというプールと浜辺の真ん中にあるレストランに行く。
名乗ったら同じ名字の他の人が先に通されていた。あああ…。仕方ないので待っていたら真っ赤な薔薇の花を1輪くれた。ありがとう。更に本当ならレストラン内の普通の席だったのが、ビーチバレという浜辺にあるガラス張りの小さい小屋というかまあそんな個室になったので許す。全体的に美味しかったけど、最初に提示されていたメニューとはやや違っていたのではないかと思う。俺は何を食べたんだ。美味しかったからいいや。
部屋まで戻る帰りに空を見ると、星がとてもきれい!
南半球の星座は白銀聖闘士が多かった印象だわ、と余計なことを思う。ヲタクはいついかなる時もヲタク。
明日はいよいよバリともおさらば。おやすみなさい。
posted by かんざき at 00:14 | Comment(0) | バリ旅行2014 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年09月25日

神々と社会人の楽園の物語(6)

次はタナロット寺院へ。タマンアユン寺院を見た人たちはほぼ同じルートを辿るらしい。まあ、近いと言えば近いし回りやすいからなあ。道理で人が多いと思った。タマンアユン寺院をゆっくり見たいなら午前中とか人が少ない時に回った方がいいのだろう。
タナロット寺院は海沿いにある。大混雑で駐車出来るところがなかなか見つからず、レナさんと私たちは先に降りる。
何故この寺院がこんなに混雑しているかというと、夕陽がたいそう綺麗に見えるからだ。だからみんな時間を計算してタマンアユン寺院→タナロット寺院を見る。よって混雑という分かりやすい図式。
海沿いっていうか、海の崖っぷちに建っているところなので、みんな夕陽を求めて波打ち際の岩場に行く。
IMG_0220.jpg

無論我々も行く。波がちょっと高い。私がよりよいスポットを求めて写真を撮っていたら、波が少し近くに来た時にレナさんが私を抱き支えてくれた。親切なガイドさんだ。ありがとう。
肝心の寺院の中には入れない。っていうか入れるところもあるらしいけど別料金だというのでまあいいやと諦める。綺麗な夕陽で満足。
IMG_0219.jpg
(先程の写真で人が群がっていた場所に行って撮った写真)

そういえばウェディングドレス姿でフォトツアーをやっているカップルもいたけどヴェネツィアのサンマルコ広場に続き、観光客はそんなのを構っている暇はないので完全無視状態でなんだか気の毒であった。


移動。途中でライステラス(段々畑ならぬ段々田)を見る。綺麗。バリでは三毛作が可能だそうだ。さすが熱帯。
車はタナロット寺院のすぐ近くにあるパンパシフィックニルワナバリリゾード(長い)へ。ここもとても綺麗。
IMG_0276.jpg
(奥に見えるのが先程行ったタナロット寺院)
パンパシ(略)には有名なゴルフコースがあるらしい。
「田んぼがあるから難しいと前にお客さんから教えてもらいました」とレナさん談。あー…なるほど。
今日の晩ご飯は張り込んでここでディナーなのだ!沈み行く夕陽っていうか殆ど沈んでしまった夕陽とタナロット寺院を見ながらテラスでディナー。うーん贅沢。ブンブバリで450円ほどだったビンタンビールがここでは800円くらいする。どこの国もホテルは高い。
テラスなので蚊が心配だと思ったら、蚊取り線香を焚いてくれた上に虫除けスプレーを貸してくれた。さすが高級ホテルだ。ありがとう。つか、バリに来てから蚊に刺された記憶がない。ラッキー。
メニューは洋食のコースで美味しかった。最後「イチゴのショートケーキ」というので所謂ショートケーキをイメージして待っていたら、なんとタルト生地を土台にし、刻んだイチゴをものすごく器用に積み上げたケーキと言うか…なんというか形容しがたいものが出てきてびっくりした。いや、美味しいんだけどこれショートケーキって違うだろう。それとも私の「ショートケーキ」の定義が間違っていたのか…?とゲシュタルト崩壊に近いような感覚に陥る。
ま、美味しかったからいい。
夕食代はツアーに含まれていたけど、飲み物代は別途支払う。現金で支払ったらかなり細かいお釣りが出てしまった。邦貨換算すると1円未満なので珍しい小銭のコインが見られるかと思いきや、そんな額のコインはなかったらしく、向こうで勝手に切り上げた額のお釣りをくれた(!)。な、なんてこった…ほんと見習ってくれイタリアのカフェとかレストランとか!!


ディナーが終わると送ってもらえる。レナさんたちは近くでご飯を済ませてきたそうだ。
帰りにお土産物屋に寄ってもらう(無論用事がなければ寄らなくてもいい)。陽気な兄ちゃんたちが売ってる。「OK牧場」とか懐かしすぎるネタをかましてくる。「どこから来たの?東京?練馬区?」とか細かい地名を出して来る。なんで知ってるんだ。ちなみに日本に行ったことはないとのこと。
お会計時に「バリ好き?」と聞かれる。はいと答えると一瞬悲しそうな顔をし、「私あまり好きじゃない」という。なぜだと思った次の瞬間ニヤリと笑い、「好きじゃない。愛してる…!」と言う。さ、さようか。
買物も終わっていよいよ帰る。レナさん、運転手さん、本当にお疲れさまでした!
…私も、かなり注意して日本語を聞き取っていたりしたせいか、ものすごく疲れていたようで、風呂に入った時あたりから記憶が怪しい。落ちる。おやすみなさい…。
posted by かんざき at 22:25 | Comment(0) | バリ旅行2014 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年09月22日

神々と社会人の楽園の物語(5)

3日目。
朝寝坊。正しいリゾートのあり方だ。しかし昨日に引き続き今日は「うちの猫が仔猫を産むはしから夫が勝手に名付けていってしまい、大変に憤慨する」という夢を見て目が覚める。なんなんだよ全く。
さておき、レストランSUKUに行って好きなものを食べる。今日はエッグベネディクトを頼む!(オムレツと目玉焼き以外の卵料理は席で頼むスタイル)
「食戟のソーマ」を読んでらっしゃる人なら私がエッグベネディクトを頼みたい!と思った気持ちが分かってもらえるのではないかと思う。えりな様が持ってきて下さってもいいんですのよ!?(ムハー)…しかし卵が多すぎて食べきれなかったことをここに記しておく。「エッグベネディクトを。卵は1つだけ使って」って英語で何て言うのさ。

11時15分からツアー特典のスパ。コンラッドの中をテクテク歩いてホテル内にある「ジワ・スパ」へ向かう。向かうまでの道は中庭のようになっていて、噴水とかオブジェとかがあって綺麗。
スパは最初に出たレモングラスの冷たいハーブティーが美味しかった。勿論腕もよく、自分で選んだオイルで全身マッサージをしてもらう。前日の乗馬で疲れた身体にはとても嬉しい。スパ専用プールやサウナ等もあったが、たかがツアー特典で使うのは申し訳ないなと思ってやめといた(謙虚な日本人)。

14時半。迎えが来る。この日は観光らしい観光をするのだ。
大変効率が悪いと思うのだが、前日の乗馬といいこの日の観光といい、客は私たちだけの専用車ツアー。乗馬はともかく観光はみんな似たようなところに行くのに、団体のバスツアーを見かけなかった。いや、正確には日本のツアーじゃない団体なら見たけど、日本人の団体は見なかった。不思議だ。日本人は専用車で回るのがお好きらしい。専用車の割にあんまり高くないし、団体だと行きたくもないおみやげ屋に連れて行かれたりすると思われてるからかな。
以上は余談。この日は日本語を話せるレナさんという女性がガイドについてくれた。年配の、にこにことした女性。運転手さんも感じのいい人だった。昨日で懲りて私はこっそり酔い止めを飲んでいたのだけど、その必要はなかった。
次回バリに行ったらこの運転手さんは指名させていただきたい。お名前も後で伺ったがフルネームをここに書いてしまってよいものか分からないので、とりあえず控えておく。ご要望の方は神崎まで。

出発してすぐ「高速に乗ると20分ほどショートカット出来ますがどうですか?」と聞かれる。お金がかかるので無理強いはしないとのこと。お金かかるっていったって10,000ルピア(邦貨にして100円未満)なのでそれで20分が買えるなら安いものである。無論使ってもらう。昨日の乗馬も高速使ってもらえればもっと早かったんだよな…くっ…。
進んでいくと繁華街のクタという地区にさしかかり、渋滞にはまる。15時半〜16時くらい?って仕事終わって帰宅ラッシュなんですって!きたく!!!社会人として羨ましすぎる。
渋滞は車だけで構成されているわけではなく、日本とは比べ物にならないくらいバイクが多い。2人乗りもしょっちゅう見る。バイクは見たところ8割がHONDAかYAMAHA。車も日本のものがとても多い。SUZUKI、トヨタあたりが本命かな。日本人としてこれは嬉しい。
バイクは隙を見て左右からどんどん入って来る。中央分離帯の意味を知りたい。信号待ちになったら、歩道にどんどんはみ出して横に並んでいく。信号が変わったときが怖い。これは、日本でどんなに運転が上手い人でもいきなり現地でレンタカーとかレンタバイクとかはやめた方がいいだろうなと思った。

渋滞で暇だったのでレナさんに色々と質問してしまった。地元ならではの回答がいただけたので、記念に記す。

・空を見るとよく凧があがってるようなのだけど、あれはなに?
→遊び。でも大人もやる。大会もある。
・街のあちこちに国旗が飾ってありますね。
→8/17がインドネシアの独立記念日なので、そこから1ヶ月くらいは飾ってある。
・バリでは何歳からバイクに乗れるの?
→16歳から。でも無免許で乗ってるもっと若い子もいる。見つかったら罰金取られる。邦貨換算で500円くらい。
・日航ホテルだけは特別に高さがあると聞いたけど、他のホテルは?
→高さ制限があって、それ以上の建物は本当なら建ててはいけない。目安は「ヤシの高さを越えない」こと。

やっと世界遺産のタマンアユン寺院到着。ヒンドゥー教のお寺で、生理中の女性は入れないとのこと。だ、大丈夫です。はい。
世界遺産だけあって観光客が多い。
お寺の本堂というのか、そこには異教徒は立ち入れないので、外周をぐるーっと回りながらの見学。草で綺麗に拭かれた塔の数々。三重、五重、七重と屋根が沢山重なっている。必ず奇数だそうだ。
IMG_0198.jpg

その世界遺産の屋根とか入口とかに猫がごろんとしていたりする。それも可愛い。寺院の中に飾られているバロン(神獣)も可愛い。
IMG_0188.jpg神獣バロン。愛嬌のある顔立ち。

外周ぞいには花も沢山あって、チャンパカが可憐に香っている。
心から敬意を表してそこを後にした。

つづく。
posted by かんざき at 21:24 | Comment(0) | バリ旅行2014 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年09月17日

神々と社会人の楽園の物語(4)

ホテルに戻って少し休み、外に両替に行く。コンラッドのすぐ向かいに追加手数料なしの両替商がある。バリは結構街中に両替商があって便利(ただし玉石混淆らしいので気をつけて)。この日は1円=112ルピア。
現地通貨を手に入れたところで、ホテルをまわっている巡回バス(無料)に乗ってバリコレクションというショッピングモールに行く。ヌサドゥアの中心地にあって、SOGOまで入っている。そこそこ広い。平屋作りで…なんていったらいいのか、日本だとアウトレットモールみたいな感じ。通じるかしら。
結局昼食を食べ損ねていたけど晩ご飯の時間を考えるとお茶で済ませたいねえ、と少し回って、日本語で客引きをしていたココカフェというお店に入る。
ケーキセットが1人40,000ルピアだった。しかもケーキも選べて、飲み物もコーヒー紅茶ホットアイスOK。アイスコーヒーは背の高いグラスになみなみと注がれている。ケーキもコーヒーも値段の割に普通に美味しい。これが40,000ルピア。邦貨換算で357円。聞いたかヴェネツィアのカフェ・フローリアン(根に持っている)。
のんびりお茶した後、バリコレクション内で妹に頼まれたお香等を色々買った。ビューティー関係は安かったけど、細工物は日本で買うのと同じくらいの値段なんじゃないかなあという印象。地元の人が買物に行くような店に行ったらもっと安いんだろうけど。


折角バリに来たのだからバリ料理を食べねばね。というわけでこの日の晩ご飯はブンブバリという有名店へ。大変な人気店だというので、予約をしていった。ヌサドゥア地区なら店が無料で送迎をしてくれる。
店の入口でプルメリア(余談だが私はバリにきて初めてプルメリアとフランジパニが同一であると知った)だかチャンパカだかの花を耳の横に飾ってくれる。男女問わず。というわけでそこここに花を飾ったオッサン客がいてちょっと面白い。
飲み物で頼んだオレンジハニーモヒートは美味しかった。
食べ物もとても美味しい。量が多いことは知っていたので最初に出たボウル一杯のスープは飲み干したらあとがつらそうだと分かってはいたけれど、美味しかったので全部飲んでしまった。
その後に来た料理がこの有様。ご飯時に写真を撮るのを嫌がる私も思わず撮ってしまった豪快さ!
IMG_0144.jpg
レモングラスの茎につくねを巻いて焼いたサテという料理が一番美味しかったなー。
コース料理で観光客向けだけあって、バリにしては高いけど安心だし美味しかったので満足。
会計を済ませたら800ルピアのお釣りが出た。邦貨にして7円かそこらだろうか。あまりにお釣りが少額だと飴玉で返って来ることもあると聞いているし、来なくても別にいいやと思っていたら、律儀に800ルピア持ってきてくれた。
おお…(感動)。聞いてるかヴェネツィアのカフェ・キオッジャ(未だに恨んでいる)。
そんなこんなで満足。

つづく。
posted by かんざき at 19:56 | Comment(0) | バリ旅行2014 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。