2014年11月24日

ウフィツィ美術館展

上野でやってるやつに行ってきました。
「上野」で「テレビで放映済み」は混んでると相場が決まっているので、なるべく早い時間に行こうとして失敗しました(…)が、思ったほど混んではいなかったです。やはり目玉がボッティチェリ1人では厳しかったか。
私は知らなかったのですが、昔のイタリアの作品って工房があって、親方が下絵とか色々重要なことを決めて、あとは分業制で作っていたのですね。ボッティチェリもどこかの工房で働いていて、そこの親方の影響をだいぶ受けたとか。
あとはメディチ家のコレクションだったのでメディチ家の歴史とかを書いたコーナーがあり、今連載中の「チェーザレ」のネタバレがあったりしましたが気にしないようにします。涙。
(チェーザレは去年?かな、やってたダヴィンチ展とミケランジェロ展とコラボした漫画やグッズを出していたみたいなのですが、余った分を今回の展覧会で売ってました。買ったけどさ!)

作品の多くが宗教画で、こういうのを見る度に「聖書読まなきゃなー」と思うのですが毎度忘れる悲しさ。
(ミッション系の学校出たのに!)
「聖母子像」は人気の題材でした。
…でもいつも思うんだけど、「子」の縮尺が変じゃない?どうして昔の絵の赤ちゃんって手足があんなに長いんだろう…。
もしかして昔のヨーロッパの男性(昔の画家はたいがい男性だから)って生まれたての赤ちゃんを見る機会ってなかったんだろうか。
不思議。
今回の展覧会では誰だか忘れましたがうっかりミケランジェロの影響を受けた人がいて、そのおかげでやけに筋骨隆々とした聖母子像を描いちゃってました。聖母子像のイエス様ってたいがい裸なのでその…ちょっとキモ…なんでもないです。

あと「ウフィツィ」ってイタリア語で「オフィス」って意味なんですって!(元々市庁舎かなんかだったらしい)
なんとー。
では英語圏では「Office Museum」になっちゃうわけですか。
日本語に訳すと「職場美術館」?あるいは「市役所美術館」かな。一気に情緒がなくなりました。

芸術の秋、こういうのに触れるのもよいことです。


posted by かんざき at 23:50 | Comment(0) | 観たもの | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年11月21日

冬の足音とか

気づけば秋華賞も菊花賞も秋天もエ女杯まで終わってしまい、はっと気づけばJCも終わっちゃうの!?とオロオロしております。
冬ですなあ…。
手袋は解禁しましたが耳当てをいつ解禁するかそれが問題だ。

ペルソナ4ゴールデンクリアしました。
80時間かかりました。でもものすごく楽しかった…!奈々子は覚悟していたのですが、直斗!直斗やべー可愛い。好き!あと勿論陽介のガッカリ王子め!大好きだ!
2週目やる前にペルソナQの2週目(P4番長主人公バージョン)をやり直し。「強くてニューゲーム」にしたらF.O.E.もあっさり倒せ過ぎてちとつまらんのですがサクサクゆきます。
ナビゲーターのヴォイスで、テオドアは以前買っちゃった…のですが奈々子を追加買いしたことは内緒です。

ペルソナ4の感想については別に書きたい。いつか。

来月京都に行く予定です。
紅葉は間に合わない…んだろうなあ。いいんだ(強がり)。
今まで行ったことがないところに行きたい。
図書館で借りた古いガイドブック(新しいのはみんな貸し出し中だった)に、「今年の大河『平清盛』ゆかりの地をめぐる」という特集が組んでありましたが、思えば大河って戦国か幕末かのどっちかが大半だから毎年必ず便乗商売が出来るんだな…すごいな…。
今年の「軍師官兵衛」ゆかりの地も勿論あります。どってことなさそうな気配だけど(言っちゃった)。

友人と話していてちょっともやっとしたことがあって、正直に自分の思ったことを言って「ごめんね」って言ってもらって仲直り。
別の友人と話していて「もしかしたらイヤな思いをさせちゃったかも」と思って「ごめんね」って言って「いやいや、大丈夫だから気にしないで」って言ってもらえて安堵。
…と2件つづきまして、そういうありがたさが今身にしみております。
大人になるとそういうのが難しくなるのかもしれない。
それにしても、どうして私はいくつになっても不用意に人を傷つけてしまうんだろう。という自己嫌悪っていくつになったら止むんですかねほんとにね。

私がこの日記とも言えない日記を続けていく理由の一つ。
どうしても忘れられないのが、一度だけコメントを下さったお母様。
あの時は北海道から東京に出てきたばかりとおっしゃっていた。
お元気でいらっしゃるだろうか。私のくっだらない日常(…)はほんのわずかでも支えになっているだろうか。
なっているかなっていないか分からないけど、もしかしたらなっているかもしれない。と思うことが私のどこかを支えています。
今ご覧になって下さってるかどうかは分かりませんし、明かしていただかなくても大丈夫ですが、私は勝手に支えにしています。どうもありがとうございます。

「まとまった文が書けないなあ」(主にペルソナに時間をとられてるせいとかそんなことはないはず)と思って、少しずつ書いていったら書けました。
よかったよかった。
posted by かんざき at 00:22 | Comment(2) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年11月14日

その記憶に残るもの

シゲルスダチという馬がレース中の事故で亡くなったというニュースを見ました。
それについて後藤騎手が自身のFacebookで心に迫るコメントを出していて、「この人はいい人なんだな」と単純に思いました。
後藤騎手が落馬した時は心配そうに傍に居てくれて、今回は脚が折れているのに騎手を落とさないように頑張ってくれた優しい馬。
戦績は正直いまひとつでしたが、後藤騎手とのことで記憶に残る馬になりました。
このように命が尽きる時に人を思いやってくれた馬は他にもいて、うんと古い競馬ファンが思い出すのはキーストンという馬だそうです。

私が必ず思い出すのはウエディングヒミコという馬です。
2005年のフローラSで亡くなった子でした。
今でもフローラSが来ると思い出します。
その時書いた記事はしまい込んでましたが、やっぱり誰かに覚えていて欲しいと思って復活させることにしました。
こんな子がいました。

春にありちゃんと一緒に府中に行った時、私の目の前で故障してしまった馬がいました。
あの時のことは楽しい記事を書きたいと思ったのであえて割愛しましたが、今書きます。
セイウンクロスという馬でした。
乗っていたのは三浦皇成騎手でした。
私が「あ」と思ったのは故障して止まって、三浦騎手が下馬した途端真っ先にしたことが馬装を解き、馬が踏まないよう遠くに投げ捨てたことでした。
乗馬をやった時に教わったことで、「レッスンが終わって馬を洗い場に引き上げたら、すぐ腹帯をゆるめてあげてください。そのままずっといると気絶しちゃったりするので」ということがありました。
怪我した馬のために、少しでも楽になるようにしてあげたのか…?と思い、私の三浦騎手に対する評価がちょっと変わりました。
結局その子も予後不良になってしまいましたが、それも覚えていようと思います。

競馬は人馬のつながりも魅力なのですが、やっぱり死んでしまうのはいやなので、どの子も無事でいて欲しいものです。
posted by かんざき at 00:32 | Comment(4) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。